スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
何色にも染まらずにいたい
年明け早々から黒耀と付き合って冒険と
調理や工芸三昧に日々を過ごしていました
ですので冒険も交易もジーベックの後姿が見え始めた
と言うのに海事だけがいまだに陰すら見えない状態です(><


今日こそは海事を…と思い
ヴェネツィアのニューイアーボックスをいただいた後
ナポリまで戻ってきました
ナポリで商船狩りの依頼を受諾し
いよいよ本格的に海事復帰か!と意気込んだのですが…

.






討伐報告と次の討伐依頼を受諾しにチュニスに行ったところ
「イル・ハン国の財宝」という冒険依頼を引いてしまいました
これは財宝探索家か史学家に転職できる紹介状がもらえる
冒険依頼です
財宝探索家と史学家は冒険者ギルド登録証で
転職できる職種の1段階上位の職です
私は生物学者でずっとやってきたのですが優遇してもらえる
学問の数などから冒険者であれば一度は財宝探索家か
史学家に転職して己を磨きたいと願うと思います
そして最終的には考古学者か博物学者を
目指すのではないでしょうか

私も以前この冒険依頼を紹介してもらい
転職証を大事に保管してあります
海賊になろうとも魂は冒険とともにあるのです
その証です^^

転職できる冒険段階と依頼の難易度が低い代わりに
滅多に紹介されることがないというこの冒険依頼…

同じ冒険者の魂を持つ人にぜひ紹介したいと思いました
チュニスの町で無料紹介を叫び続けること1時間…

誰も反応してくれませんでした…(TωT

海賊の私が
危険海域の奥にある場所の冒険依頼を
紹介しているのですから
もしかしたら…
私掠航海者の罠と勘違いされたのかもしれません…
同行するとは一言も言ってないのですけどね…

まぁ…紹介すれば数時間以内にその海域に向かうことは
予想できますからイスタンブール近くで待ち伏せされると
思われたのかもしれません…

紅夜さんからは冒険者人口そのものが少ないから
反応ないことなんてよくあると慰めてもらいました(><

確かに冒険職は…操帆技能を身につけるための通過点としか
思っていない人も多いのでしょうね…

海賊だけど…魂は冒険者のままです(><
世界の不思議を解き明かしたい
賢者の石を追い求めたいという気持ちは忘れていません

実はこの「イル・ハン国の財宝」の依頼と同時に
「カバラの謎」についての冒険依頼も紹介されていたのです
これは賢者の石の秘密に繋がる依頼です

いつまで経っても反応のない
「イル・ハン国の財宝」についてはもう見なかったことにして
私は「カバラの謎」の冒険依頼を受諾しました

一歩一歩世界の秘密に近づくんだ
どんな職に就こうとも
どんな装備を身につけようとも
私は冒険者であることを忘れたくなかったのです

そしてナポリによってギリシャ語を習得し出発
せっかく東地中海に向かうのですから
今までずっと保留にしてきたことを
ついでにやってこようと決意しました

それは投資申請書を作成しカンディアとカイロで投資して
工芸のレシピをいただいてくること^^
手元にはジェノヴァで安く手に入れた投資申請書が5枚
ありましたがこれで足りなくなっても困りますから…
自分で作れる技能があるのだから作ろうと思いました(`゚ω゚´)

ということでナポリからアテネへ
途中でついでにシラクサで投資^^
ここでは黒耀が造りたがっていたお菓子のレシピが
いただけるはずです^^

東地中海に出ると私掠航海者が数名いました
どの航海者も一人で航海しているようです
狙われたらどうしようか…と思いましたが
カバラの謎を解くためにはアレクサンドリアに
行かなければならないのですから
意を決して船を進めました
アテネで羊皮紙とワックスを購入し
後はベイルートでベニバナを入手すればレシピはあるので
投資申請書を作ることができるはず!

アテネを出てカンディアに向かうことに^^
以前ラスパルマスの街を出てすぐ襲われた経験から
危険地帯では街周辺の安全海域から動く前に
私掠航海者の情報を集めたり周囲の船影を確認してから
漕ぎ出すのが癖になっていました
そんな私の横を数名の航海者の船が漕ぎ出して行きます
…安全なのかしら?
儀式のような一連の警戒作業を終えた私も出港しました



恐ろしい光景を見てしまいました
私より少し早く出港した航海者が
私掠航海者に襲われる瞬間を見てしまいました…
アテネからの出入りの要所で待ち構えていたようです
襲われた航海者の無事を祈りつつ
なんの手助けもできない弱い自分に嫌悪しつつ
私はカンディアに向いました(TωT

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2006/01/03 19:42 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<決死の東地中海 | ホーム | 年末年始まとめて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/128-c0b28693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。