スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
紆余曲折しつつ海事修行
夜になり航海を再開しました
やっぱり徒労に終わってしまいましたw;;
まぁまた機会があればという感じで^^
(意味不明気味w;;)

もっていた冒険依頼はさっくり破棄
稀少モノは冒険者になってからじっくりやります^^
商会でちょっとおしゃべりをしたり
セビリアでお会いした

20060119184410.jpg


ヨシノさんとJ・Jさんとお話させてもらいながら
のんびりとジェノヴァ方面へ^^


途中で黒耀が

骨付き羊肉のワイン煮を作ってみたい

というのでバレンシアで買出し^^
ローズマリーがどのくらい買えるかが問題ですが
私と黒耀合わせて60ほど購入することができました
けっこうまとまった量を作ることができそうです^^
私はマルセイユで商船狩りの依頼を受けて
二人でサッサリへ^^
神秘の香辛料を3つ使用して
ワイン煮を130食ほど作ることができました
牛肉のケバブと同じ食べ応えなのですけど
作りやすさと材料費の安さを考えると
これからはこのワイン煮を常食にしようかしら^^
その前にピザと鳥ニンニク食べきらないとねw;;;


え?海事???
なにそれ?????wwww


.




…とは言いませんよ?w

ちゃんとやることはやっております
マルセイユで受けた商船狩りの依頼をきっちりこなし
チュニスで私掠海賊専用の闇の依頼を受け
ヴェネツィアの交易船団を襲撃することになりました
交易船団と言いましても
大型ガレー4隻と輸送用ガレオン2隻が相手です
泣きそうです(;;
(大型ガレーの標準耐久力394、輸送用ガレオンは281)
どっちの船種も私のアラガレより耐久力高いんですw
砲撃の痛いこと(><
機雷敷設を済ませたら泣きながら修理を繰り返し
大揺れで落ちた船員をレスキューし合間に砲撃をぽちっと
そんなこんなで長い長い戦闘の末

20060119184624.jpg


海事の段階が成長しました^^
これで

20060119184647.jpg


27段階です
いよいよ戦術家転職まであと1つ^^
あぁでもあともう1つくらい
漕船技能あげておきたいかも…と欲は尽きずw
本気で自分の技能段階の状態を調整していかないと(><


とりあえずジェノヴァに戻って襲撃成功の報告を頼み
海事依頼斡旋人のところへと行きました

「大船団現る」が紹介されていました
艦隊を組んで討伐したことはありますが
一人で依頼を受諾したことはありません
なんといってもジェノヴァで紹介される
最も難易度の高い討伐依頼ですし…
一人でこの依頼を受けた場合
最大で重キャラック4隻と大型キャラベル2隻を
相手しなければなりません(TωT

標準的な重キャラックの耐久力は360で
大型キャラベルは225かぁ…とほほ

…とほほ?
ついさっき終えたばかりの
ヴェネツィアの交易船団さんたちより
耐久力低いんじゃありませんか??

これは!

逝ける!!!
じゃない
いける!!w

ということで討伐依頼を受諾しました
シラクサまで行って情報を集め
戦闘の準備を整えていざ情報のあった海域へ
シラクサからすぐそこです(`゚ω゚´)

事前につかんでいた情報どおり
重キャラックと大型キャラベルの計6隻

機雷を敷設する前に
慎重に狙いを定め敵船団の先頭にいる船に
砲撃を加えます
こちらの思惑通り帆が損傷しました
敵船舶の機動力は大きく殺ぎ
後ろから旋回体勢に入っていた船たちが
次々と衝突し立ち往生しています
別の船にも一撃を加え更に敵の機動力を奪います

敵がもたついている間に航路を予測し
こちらの船足をわざと落として機雷を密集させて敷設
敷設終了後満帆にして急速離脱

巻き込まれない距離まで離れたら
私の船尾をとろうとする敵の動きを読んで誘導

面白いように敵船団は機雷を踏んでいきます
ダメージが低く連射に向かない私の砲台ですが
敵の耐久力を観察して各個撃破!(`゚ω゚´)
彼らは商船狩りや護送船襲撃艦隊の皆さんに比べて
砲の射程が短いような気がします

戦闘時間はそこそこかかったものの
こちらは大きな被害を出さずに終えることができました
商船狩りよりもいいかもしれないw


なーんて ちょっと調子に乗っていますw

強くなりつつある自分を体感し
闇雲に機雷を撒き砲撃を繰り返してきた頃に比べ
戦場で戦い方を考えるだけの
余裕が持てるようになったことは
ちょっと嬉しかったりします
アラガレの耐久力は全然余裕ないのですがw;;;

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2006/01/19 18:50 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<強き敵はよき修練の友 | ホーム | 義弟の請願>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/151-3da73ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。