スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
救うことを躊躇うな
黒耀に諭されて
私はアスカロンを調べることを一時断念しました
黒耀の見ている前で依頼を破棄したので
黒耀も安心したようです^^

  じゃあ地中海戻りましょうか^^
あぁそうだね
  ロンドンに戻って地中海に戻るのに
  都合のいい依頼見つけましょう^^

ということでロンドンに…
え?
黒耀どうしたの?

どうもイングランドの商船が行方不明になったらしいのです
イングランドに所属する全ての航海者に
捜索依頼が出されているとか…

.




  私たちも探しに行きましょう!
え?でも…
  海の上では国は関係ないでしょうっ
  お互いに困っているときには手を差し伸べあうのが
  海に生きる者の誇りでしょう?
…ありがとう シャル
じゃあ 全く反対方向だけど…とりあえずオスロ目指そう

オスロの出港所で聞き込みを済ませ
オスロからコペンハーゲンの間で
行方が途絶えたことがわかりました
黒耀の船にイングランドから支給された救援物資を積み
私たちは再び洋上へ(`゚ω゚´)
一刻も早く見つけてあげなくては!

普通の商船がたどるであろう航路を想定して
私たちはコペンハーゲンへと向いました
ほどなく救援を求める船舶を発見!
無事に助けることができました

よかったね黒耀^^


その足で私たちはストックホルムを目指しました
造船修行をしていてもらったロットから出た投資申請書が
20枚近くたまったので
ストックホルムに投資することで報酬としてもらえる
船首像のレシピがほしかったのです
黒耀はまだストックホルムに入ったことがないですし
ここで地中海に戻るならしばらくはこれなくなるので
ちょうどいいからよってみようと思ったのです^^

20060130055054.jpg


黒耀に投資をしてもらって無事にレシピをゲット!
これで船首像も自作できるようになりました^^


ストックホルムからコペンハーゲンに向い
琥珀の相場を見ると80%近い安値だし
高級家具も安くなっていましたので
コペンハーゲンでも黒耀に投資をしてもらって
二人でお買い物しまくり^^
私たちは浮かれ気分で
オスロとコペンハーゲンを往復することにしました

20060130055127.jpg


と…オスロでは黒耀のことが話題になっていました

20060130055224.jpg


ライザさんたちも捜索に来ていて
黒耀が第一発見者になったことを褒めてくれました

20060130055323.jpg


ロンドンに戻ったら再会することを約束して
私たちは別れました

さて…地中海に戻ると心には決めたものの
黒耀の織物取引…これをある程度成長させたいと思いました
黒耀もせっかくの技能だから伸ばしたいと思っているようですので
織物ツアーを決行!
エディンバラとアムステルダムとアントワープを回って
相場の下がっている織物を購入しカレーで投下!
アムステルダムのオランダ更紗の相場が
いい感じに下がっていました
オランダ更紗はカレーで特産品として買い取ってくれるので
経験も嬉しいです^^
ぐるぐると回って歩いて黒耀は
いつしか交易が16段階になっていました^^
冒険段階もあと200ほどで17段階です^^
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2006/01/30 05:53 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<東地中海の夢 | ホーム | 好きなものは最初に?それとも後でゆっくり?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/169-ce366e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。