スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
ヨハネに何を見るか
世界が大きく変容したようですが
なかのひとの仕事が忙しかったり体調が悪かったりと
航海をほとんどせずに過ごしておりました
なんとか航海に出てきて…


さて…私は何をしていたんだっけ?


とジェノヴァの街でぼーっと立ちつくしてしまいました

お?キャプテンバッグ?
何コレ?どう使うの?
とりあえず仕入れ発注書とか押し込んでみましたケド
地図もレシピも1箇所に統合されてますねぇ
これは調子に乗ってレシピを集めまくると
地図が収納できないという罠ですか?ww


なんだか微妙ですねw
でもとりあえずキャプテンバッグのおかげで
持ち物が2つ余分に持てるようになったのは
嬉しいことです^^


そうだ 思い出したっ!(`゚ω゚´)

海事が32段階になるまで頑張るんだった
機雷敷設も目標段階に達したことですし
まったり行きますか^^
…と自分の技能段階を確認すると
なんと技能が+1されていました!!

.




そっかー
私は戦術家だから専門技能が+1されるんだ
自分の機雷の威力を試せる海事依頼はないかしら?
と海事依頼斡旋人に声をかけましたが
商船狩りくらいしか紹介されていませんでした

うーん
これなら黒耀と一緒でもいけるかもしれない
ということで二人で商船狩りを受諾

ついでにベルベットの相場を眺めましたら
90%台でしたので急いで黒耀と買い込み
ピサはベルベットの相場が高かったので
カルヴィとジェノヴァを往復して二人合わせて
300近いベルベットを積み込みました^^

う…物資を積む余裕が…
ま いけるかなw

と慢心の商船狩りw
予想どおり旗艦があっさり沈んでしまいました
もらった経験は一桁!
もう商船狩りは受諾しない方がいいかしら(><

チュニスで報告し交易商人のところへ行くと
ベルベットは価格の110%で買い取るとのこと
二人で経験とお金をたっぷりいただきました^^

さてと…
次は…弾薬輸送船襲撃計画かぁ…
これは敵船の耐久力が高いから
黒耀の面倒を見ている余裕はないかもしれない

私一人が受諾し移動をしようと思った時に
紅夜さんが航海に出ていらっしゃいました^^

ご挨拶ご挨拶^^

チュニス近くにいるので黒耀にマグロを預けに
いらっしゃるとのこと
む…それならばこの懐を圧迫している地図を
なんとかしてもらえるかも?
黒耀の懐にはマルセイユ教会に飾られている
絵画の場所を記した地図が何枚かありました

美術の技能を装備で補助した状態で
書庫に入ったときに入手した地図で
その絵画を鑑定するための美術技能段階には
達しているものの開錠技能が全然足りないために
ずっと読めずにいた地図でした

紅夜さんにお願いすると
お仕事疲れで頭痛がするというのに
快く引き受けていただいました(><
うう ありがとうございます(><

チュニスで合流後ベルベットが買いどきだった
ジェノヴァに寄りましたが
わずか10数分の間に
相場は110%まで跳ね上がっていました
残念です(><

マルセイユまで移動して教会へ^^
紅夜さんと私と黒耀でなかよく1枚ずつ^^


ここの教会じゃないな…

紅夜さんがポツリとつぶやきました

マルセイユには教会が2つあったのでした
てっきり広場の教会だと思っていたのですが
西の教会でした(><

20060225073325.jpg


紅夜さんに追従してトコトコ移動^^

そして発見してもらいました

20060225073352.jpg


洗礼者ヨハネ


『主の道をまっすぐにせよ』
と荒れ野で叫ぶ声は誰の声だったのか

イエスはヨハネより洗礼を受ける
イエスをして
「ヨハネより偉大な者は現れなかった」
とさえ言わしめた人物

ヘロデ王に斬首された最後
壮絶なその人生

額縁の中で天をまっすぐに指差す
ヨハネの笑みは男性なのにどこか女性的で
不適…妖艶…見る角度で表情を変える

絵画の前で足を止める私に
紅夜さんは黙って付き合ってくださいました

あぁそういえば紅夜さん体調悪いのでした(><

またこの絵の地図を探し当てて
次は自分で発見できるようになってこよう
そしてまたヨハネの前に立とう
その時私はヨハネに何を見るのだろう

私はヨハネに背を向けた

紅夜さんと共に酒場へ行き
紅夜さんはここで今日の航海を終えられました
本当にありがとうございました^^
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2006/02/25 07:37 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<良き補佐役を得て | ホーム | 流れ行く日々の営み>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/203-8783e987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。