スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
我が道の先は霧の中
アテネで報告し調査依頼を眺めていると
「アナトリア半島の古い文明」についての調査依頼が^^
これもカッパドキアを発見していないと
紹介してもらえない依頼です^^

地道に冒険依頼をこなしていくと幅が広がっていくのが
嬉しいですね^^

20060311182702.jpg


この後はトレビソントへ移動し水稲を購入してみました
.





ジェノヴァへ行ったときにちょっと足を伸ばして
パルマでハーブソルトを作ってきたので
ここで水稲を購入しアテネで羊肉を購入すれば
ズッキーニのマハシが作れるのです^^
これは艦隊回復用の食事です^^

クスクスのレシピをもっていない黒耀にとっては
久しぶりに作る艦隊用のお食事です
まぁ日々紅夜さんからマグロを納品していただいているので
自分で釣ったマグロとあわせてコツコツマグロステーキを
焼いていましたら800枚近くになったし
買い置きのクスクスもまだ200食近くありますので
そんなにあわてて量産する必要はないのですけど^^
今まで一度も作ったことがないので作ってみました^^

新しい調理レシピでププラン・ツリーというのが
作れるようになりこれが艦隊回復用の最強の食事と
なったようですけど材料の集めづらいので
しばらくはレシピ入手も見合わせたいです(><

さて…
私と黒耀はお互いの手持ちの地図をつき合わせてみました
北海方面の地図が増えてきていることと
依頼斡旋書が180枚を超えていることから
いったんリスボン経由で
北海方面に向かってみようかと思いました
リスボンの商会ショップに依頼斡旋書と
耐久の落ちかけた鎧を委託販売して小銭稼ぎが目的w
黒耀は陸地探検の時は聖王の鎧を愛用していたのですが
手持ちの地図で象嵌細工の鎧が手に入りそうなので
そちらに着替えようと思うのです
何しろ美術品取引技能を2段階も補助してくれる素敵な鎧です^^
なかなか数量を購入できない美術品ですので
装備で取引量を増やして早めに美術品取引を
3段階にしておきたいのです^^

えぇ大きな夢を見ています
黒耀がインドに入港できるようになったら宝石取引を
覚えられたらな…と^^;;;

将来的には冒険もできる宝石商人になってもらえたらな…と
思っていますw;;
だって宝石商人は会計に工芸品取引に工業品取引そして
縫製に社交と黒耀が持っている交易技能の殆どが
優遇となっているのですもの^^
まだまだ先の話ですけど夢は大きく!(`゚ω゚´)

その頃…私はどうなっているのでしょうねぇ
生物学の世界に戻っているのか
それとも海事に没頭しているのか
黒耀の未来に比べてなんと不透明なこと…
でも道なき道を行くのが…冒険家なんですよね^^

イスタンブールから出て

20060311182835.jpg


アブシンベル神殿の巨像を発見したあと

20060311182916.jpg


黄金の副葬品とかを発見しながら徐々に
西地中海へ向います
途中ジェノヴァによってベルベットを購入したり
交易依頼を受けて発注書を入手したり
バレンシアでお酒やフランネルを織ったり
ゆったりと西に進みました
セビリアで「西ローマ帝国復活」という冒険依頼を受けて
リスボンに寄港
ここでいったん装備を整えます
不要になったものは商会ショップに適当な値段で委託w
高いのか安いのかよくわかりませんが
買ってやってくださいw

リスボンの書庫で黒耀と私とで地図を引き
一緒に探索に行けるものを数組選びました
ボルドーでシェリー酒の材料を購入するから
象牙の聖櫃の地図は頑張って二人分そろえました^^
象嵌細工の鎧の地図がたまたま銀行前で
バザールに出品されていたので大急ぎで購入^^
これで黒耀と一緒に発見できます^^

ちょっと長旅でしたのでリスボンで一休みして
次はいよいよ久しぶりの北海です^^
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2006/03/11 18:31 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<ライツェン(ラテル)とオラツィオその2 | ホーム | 一歩一歩調査を積み重ね>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/219-d432b49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。