スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
副官たちの休暇
ロンドンの酒場の片隅で3人の男たちが
ラム酒の注がれたグラスを前にテーブルを囲んでいた

美術商と財宝探索家と生物学者という
異色の取り合わせだったが彼らには共通点があった

シャルと黒耀の副官である…ということである
シャルも黒耀も結婚式に参列するため
今日は不在であるということで3人は休暇を取って
ロンドンで集まったわけである

財宝探索家はもともとシャルの船の乗組員だったラテルが
独学で財宝探索家の資格を取得し副官に格上げになった

美術商オラツィオは謎の多い人物であるが
その有能さは3人の中でトップだったので
彼も継続して雇われ続けることが保障され
そのときにシャルの冒険の師匠である紅夜さんから
ルイ・サイファーという名をいただいていた

生物学者は最近雇われたばかりで
能力はまだ未知数であり
このまま継続して雇われる保証もされていないことは
愛称をもらっていないことからも確かである

「さて…」
と3人の中では一番の古株であるラテルが口を開いた
.




「私たちはシャル船長そして黒耀船長から副官として雇われ
 その働きを期待されて高給をいただいているわけだが
 新しく生物学者ダーギル君も迎えたわけだし
 互いに情報交換と助言の場を設けてみたいと思い集まってもらった」

少々堅苦しいラテルの口調

生物学者ダーギルは少々傲慢な口調で切り出す
「まぁ先輩方は色々とノウハウを知ってるんだろうから
 そこらへんを具体的に教えてもらえると俺も
 今後が保障されやすいわけだしな」

ルイはラテルと似た顔立ちの割りに辛らつだ
「まぁ我々上級職と違って
 優遇スキルも少ない君には切実だろうな」
「まぁまぁ仲間どうし張り合うこともないだろう?
 とりあえずお互い目標としている特性値と現状を
 話していこうか
 まずは私から話そう

20060529212938.jpg



 ・航海長55(74)+19
 ・見張り85(63)ー22
 ・主計長65(75)+10
 ・倉庫番77(59)-18
 ・兵長 70(52)-18
 ・船医 50(52)-2
 レベルは
 ・冒険35(23)-12
 ・交易35(18)ー17
 ・戦闘28(18)ー10
 という状態だ
 次は…ルイの番だ」


「私は

20060529213019.jpg



 ・航海長70(65)-5
 ・見張り60(50)-10
 ・主計長55(78)+23
 ・倉庫番70(80)+10
 ・兵長 65(33)ー32
 ・船医 50(84)+34
 レベルは
 ・冒険30(20)-10
 ・交易34(22)-12
 ・戦闘23(14)ー9
 と言ったところかな」

「なんだ、あんたらたいしたことねぇなぁ
 目標値に足りてねぇ特性ばっかりじゃねぇか」
と生物学者のダーギル
ルイがややむっとした表情で
「私はラテルと違って特性割振値を使ってないから
 ここから更に16ほど一気に高めることができるんだがな」
ラテルは苦笑いしつつ
「まぁルイは優秀だからなぁ
 私は商船の船員上がりだから航海術と主計業務は
 得意だがそれ以外はやっと財宝探索家と認めてもらえる程度
 しか力がなかったものでねぇ
 それでも見張りは最初34しかなかったのが
 今は60まであがってるし
 倉庫番など23しかなかったのが59だ
 努力は大切だということだな
 そしてこれからまだ39ほど
 レベルを上げなくてはいけないわけだから
 それまでの間に不足している値を上げていけばいいだけのことさ」
「私はあと31レベル上げる間に割振値を31ポイント稼げば
 いいだけの話だから別に何も努力しなくても
 容易に達成できそうだけどな
 ということでダーギル君
 君の目標も披露してくれたまえ」
少々言葉に棘のあるルイ
ややムッとした表情でダーギルは答える
「俺は
 ・航海長60
 ・見張り56
 ・主計長85
 ・倉庫番65
 ・兵長 55
 ・船医 70
 でレベルは
 ・冒険30(9)-21
 ・交易32(6)-26
 ・戦闘20(6)-14
 が目標だ」
ラテルがその数値を聞いてしばし悩んで口を開いた
「ダーギル君は主計長を上げるのが一番大変そうだな
 まぁシャル船長は今ご自身の交易段階を上げるのを
 とめているところだから我々も苦労しているわけだが
 黒耀船長の交易段階が40に到達すれば
 再び交易段階をあげ始めると宣言しているから
 あまり焦ることもないかな
 他の特性値については船医がやや苦労しそうだが
 日ごろの研鑽次第ではなんとかなりそうだ
 とりあえずダーギル君に関しては特性値が
 明らかにならないことには話を進められそうにないな」

ここで話が一区切りつき3人は目の前のラム酒のグラスを空け
次の1杯をそれぞれ注文した
3人の語り合いはまだまだ終わりそうになかった

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2006/05/29 21:31 | 副官日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<副官たちの休暇・後編 | ホーム | Intermission~小さな覚悟>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/278-d2ce2bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。