スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
たまに暴れてみたものの
さて日曜日にお父様と冒険をして
お父様の冒険段階を
いくつか引き上げて差し上げることができました
鋳造を得意とされるお父様と一緒ですから
帰り道は木材をセビリアまで輸送する交易依頼を受け
仕入れ発注書カテゴリー2を
大量に入手することができました
私がいただいた分もお父様にお渡ししてお別れ

翌日
リスボンに珍しくお父様の息子さんのお姿がありました
そろそろカリカットに旅立たれるのでしょうか
お見送りをしようとリスボンまでいきました
.




お父様にいただいた服を着て息子さんを探します
息子さんは商会管理局前の木立の下で
うたた寝していらっしゃいました
でも海賊服に身を包まれ
戦場へ赴く準備が整っていらっしゃるご様子…
いよいよ旅立たれるんですね…

寂寞とした思いに包まれながら
隣りに座ってみました

息子さんと一緒に旅立たれると思われる
一人の女性が目の前に立たれ
そして息子さんの隣りに座られました
息子さんと同じデザインの海賊服に身を包まれたその女性は
凛として美しく
「あぁ こういう方がやっぱりお似合いだ」
と思いました

周囲の気配を感じたのか息子さんは目覚められました
そしてカリカットへと向かっていかれました
その背中に向かって手を振りながら
なんともいえない気持ちに包まれる私

とりあえず船倉に積んであるダイヤモンドを処分しに
アントワープまで向かい
帰り際に美術品の調査依頼を受けて地中海へと戻りました

ナポリの教会で調査したのは
イエスの亡骸をかき抱くマリアの像「ピエタ」

考古学者として
冒険の道を進んでいくつもりだったのに
なぜか気分が乗りません

遠くバルト海から薄紅色の髪の盗賊さんから
冒険ではなく海事をしているとの通信が入ったりして
気がつくと
海事依頼「商船狩り」を受諾していました

…私は
何をしているのでしょうね?

探検用ジーベックからフリゲートに乗り換え
商船狩りを遂行してきました
初めて乗るフリゲート
その小回りのよさに驚きつつ
気が付けばチュニスで「仕官からの依頼」を受けていました
フリゲートでガレオンが倒せるのか

久しぶりの海事で
気が付けば装甲を装着するのも忘れていました
まぁ旗艦狙いでいけばなんとかなるでしょう…
楽観とも無謀とも言える判断で
ガレオン4隻に挑みます
小回りの効くフリゲートですから
致命的な砲撃を受けることもなく
機雷と砲撃で旗艦を含む2隻を撃沈

もう4ヶ月も海事から遠ざかっていたけど
やればできるものね

戦う力はまだ残っていました
でもやっぱり私の望む生き方ではないような気がします
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2006/07/05 22:39 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<何もしたくない | ホーム | 二度あることは三度ある>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/307-3914dfc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。