スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
若き野心家の死を悼み
ようやく考古学者として本業に戻ったシャルです

実は
私がフリゲートに乗って
久しぶりの海事をやってみようと思ったのは
船員の熟練度を上げるため…だけではありませんでした

私の脳裏には一人の男性の
痛々しい寝姿が焼きついていました
.




20060711002911.jpg


バルタザールさん…

バルタザールさんは
アルバ公とハイレディンの間で交わされた条約のせいで
民間船を私掠し続ける海賊に手を出せないでいました
民間人からは連日のように
捕虜とされた家族の救助を求める声が殺到していたのです
これがバルタザールさんをおびき出す
罠と感づいているアゴスティノさんは
なるべくそういう声をバルタザールさんに聞かせないように
策を練っていたのでした

でも…
私の不注意から
私掠被害者にバルタザールさんの居所を聞かれてしまい
バルタザールさんは被害者の声を直接聞いてしまったのです

イレーヌさんやアゴスティノさんが止める声も聞かず
単艦飛び出していったバルタザールさん…
私は責任を感じましたしイレーヌさんやアゴスティノさんの懇願もあり
バルタザールさんの応援に向かいました
もちろん私だけでは戦力にならないというのを
痛感していましたので

20060711003030.jpg


紅夜さんに助けていただきました

そうしてハイレディンの乗っていた旗艦を沈めることができたのですが
シラクサで検分してみてもハイレディンは見つからず

20060711003115.jpg


最悪なことにバルタザールさんは
一部始終を見ていたイスパニアから追われ
ついに賞金首となってしまったのです
私の船に身を隠しマルセイユまで逃れたものの
人質を救出してくれたバルタザールさんに感謝こそすれ
かくまおうという人は誰も出て来ず…
イレーヌさんがかくまってくださることになったのですが
バルタザールさんは
ディエゴさんの力を借りようと勧めたイレーヌさんのところも
飛び出してカリブへと逃亡せざるを得なくなったのでした…

アルバ公私設艦隊がバルタザールさんを捕らえるために
カリブへ派遣されたことを聞き
バルタザールさんを救出に向かうことにしたのです

カリブではイスパニア王宮の目が届かないことをいいことに
バルタザールさんを討伐するはずの艦隊が
私を相手に私掠行為を働こうとしました

救出するはずのバルタザールさんが助太刀に入ってくださり
またバルタザールさん救出のためにカリブに同行をお願いした
ラドリック様のお力と

20060711003152.jpg


紅夜さんのお力で

20060711003226.jpg


私は事なきを得ました

サンファンの町でバルタザールさんと話をしようとすると
役人がバルタザールさんの姿を見つけてしまいました

でも
そこにかつてバルタザールさんの部下であり
その元を出奔した

20060711003254.jpg


エドゥアルドが居合わせ
役人を追い払ってしまいました

命を助けたわけではなく
バルタザールさんを跪かせるのは自分
バルタザールさんと勝負がしたいと申し出るエドゥアルド

20060711003319.jpg


赤子の手をひねるようにエドゥアルドの剣戟を退けるバルタザール

20060711003430.jpg


エドゥアルドは地に伏して殺せと叫ぶのでした
騒ぎを聞きつけた兵隊がやってくる前に
バルタザールさんはサンファンを後にし
行方がわからなくなってしまいました

バルタザールさんの行方を捜しながらカリブの港を回っていると
ハバナ沖でイスパニア艦隊が炎上したために
空が赤く染まったという不吉な噂話を聞き
真偽を確かめに行くと
酒場に青白い顔をした数名の兵隊と出会うことができました

20060711003523.jpg


バルタザールさんを包囲するために
幾重にも艦隊を展開し港を包囲したものの
逆に反撃され艦隊は壊滅しかけたと…

しかし

多勢に無勢…

20060711003554.jpg


バルタザールさんは船上での斬り合いの末
立ったまま意識を失っていたのだと…

そのままバルタザールさんは逮捕され
セビリアで処刑されるであろうということを聞き
私は…なすすべもありませんでした…

絶望する私のもとへエドゥアルドが来て
バルタザールさん救出の手助けをしてくれると申し出てくれました
アルバ公とハイレディンとディエゴさんのつながりを示す
文書を手に入れたというエドゥアルド

罠にはめられ賞金首にされ
このままバルタザールさんが罪人として処刑されるのを
見過ごすことができなくなったようです

野心の塊かと思っていましたがエドゥアルドも
イスパニアを愛する一人の軍人だったということでしょうか
とにかくエドゥアルドの気が変わらないうちに
バルタザールさんを救出しなくては…

エドゥアルドの手引きにしたがって船に潜入しました
エドゥアルドはバルタザールさんを救出するために
見張りの兵を斬ってしまいました

証拠を消すために船に火を放つから
先にバルタザールさんを連れて出て行けと言われ
私はバルタザールさんの巨体を背負い必死で歩きました

でも…
でも…
非力な私では思うようにバルタザールさんを運べず…
もたもたしているうちに…



エドゥアルドは先ほど切り捨てた兵士に
不意打ちを食らって刺されてしまったのでした…

炎上する船
エドゥアルドかバルタザールか
私には…
二人を助ける力はなかったのです…

20060711003923.jpg


エ エドゥアルド…

20060711003954.jpg


エド…

20060711004044.jpg


エドゥアルドッ!!

エドゥアルド…

横柄で
厚かましくて
口が汚くて
自分の野望のために民間人の私も利用し
恩あるバルタザールさんを裏切り…

やなやつ…
やなやつだったのに…

なのに
憎めなくて
コロン提督も
エドゥアルドの若さと力あふれる瞳を好ましく思っていた

涙が止まりません…
エド…


泣き崩れるわけにはいかない…
エドが命をかけて手引きしてくれたんですもの
せめてバルタザールさんだけでも
連れて逃げなければ…

煙にまかれながらも
私は昏睡したままのバルタザールさんを背負い
必死で自分の船まで逃げ帰りました
バルタザールさんの姿に驚くラテル達を口止めし

私はマルセイユのイレーヌさんのところまで戻ったのでした
カリブからの洋上で
一度バルタザールさんは目を覚ましたものの
その後目を覚ますことはなく
今もまだイレーヌさんのところで眠り続けているのでした…


もっと私に力があれば…
もっと私が強ければ…

後悔しても
時を戻すことはできませんよね…
私にできることは…




私なりに前に進むこと…
それだけですね


さよなら
エドゥアルド
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2006/07/11 00:53 | 航海日誌 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<<災いの日 速やかに来るべし | ホーム | 時にはまったりお茶でも飲んで>>
コメント
紅夜さん、こんにちはー
イベントの時は完全に戦闘をお任せしてしまってほんと…誰のイベントやねんと^^;;
おかげさまでカリブ編を終えることができました^^
いずれハイレディンと直接対決しなくてはならないので
その時も宜しくお願いいたします!
シャルファ * URL [編集]2006/07/11 19:17
うぉ、イスパニアイベント熱い。Σ(⌒◇⌒;)

ちなみにバルタザールさんはアルヴェロ(ディエゴの息子)とポルプレイヤー(私か!?)をカリブから逃がす為に単艦で特攻を懸けました、ごめんね。(T-T)

ハイレディンにはかなり極端な個人的な恨みもあるんでいつか決着を付けねば。(--メ)

しかしイスパイベントって進めてると亡命したくなりそうだ、、、、
紅夜 * URL [編集]2006/07/11 13:00
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/312-014981cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。