スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
長い1日
明けて日曜日
朝からインドへ向けて出航準備です
お父様も早々と出航準備を進められていました
ロンドンで最後の買出しをしていたら
盗賊への転職証が入手できる冒険依頼が紹介されていました
砲術関係の技能段階の調整が終わったら
ジェイムズさんは冒険をなさる…ということを聞いていたので
打診してみると冒険依頼を受けてみる…とのことでした
ジェイムズさんはリスボンにいらしたので
私の弟が持っている騎士紋章を受け取ってもらって
ロンドンにいらしていただくことに^^
騎士紋章さえあれば冒険依頼はあっという間に終わりますから

ということでジェイムズさんをお待ちしている間
黒耀はエディンバラでフランネルを織ってくるとのこと
勤勉な義弟を持って幸せです^^

.



ロンドンの冒険者ギルドでジェイムズさんと合流して
ギルドマスターと会話していただき
騎士紋章を渡して調査依頼は終了^^
ジェイムズさんは盗賊への転職証を入手されました
おめでとうございます^^

さて黒耀もエディンバラから戻ってきましたし
ジェイムズさんとお別れして
お父様との合流地点のリスボンへ向かいます

お父様はお国の用事で
ザンジバルに寄らなくてはならなかったので
そちら方面の冒険依頼を探し
ヌフの船に関する調査依頼を受諾ししゅっぱーつ^^

途中ルアンダとケープに寄って
ダイヤモンドの相場を見たりしたわけですが
ケープではヴェネツィアの海賊ロン(略)さん達が
港を封鎖していました(><
強行突破を図ろうとした航海者が
目の前で拿捕されていきます

お前達はどうする?

ロンさんの船から船長の声が聞こえます
たしか…ロンさんは交渉を受け付けてくれたはず…
震える指を押さえながら努めて冷静を装い
交渉文書を書き上げました
今は私が艦隊の提督ですから…
私が黒耀とお父様を守らなくては…

ロンさんからの返答を待ちます


50万で通してやろう


それがロンさんからの返事でした
1隻50万なのか
1艦隊50万なのか…
それに対する返答はありませんでした
こういうときは相手の要求を最大限で解釈し
相手につけいられる隙をなくすしかありません

こちらが3隻の艦隊であることを伝え
ロンさんに150万を手渡しました
ロンさんから一粒のダイヤが手渡されました

通行証がわりということなのでしょうか

とにかくお父様を
無事にザンジバルそしてカリカットへお連れし
そして欧州へ戻ってくることがが今回の私の使命

ロンさんの気が変わらないうちに出航してしまわなくては…
出航所で待機してもらっていたお父様と黒耀に
すぐに出航するように伝え私も船を出しました

近くにはもう1艦隊私掠航海者がいたのですが
そちらはネーデル国籍ということで
同国のお父様がいる私達を襲うことはありませんでした

そこからは順調にモザンビークへ到着し
聞き込み意を済ませてヌフの船の調査を完了
そしてザンジバルへ

お父様がお国の用事を済ませている間に
私たちは冒険依頼を探しました
これから向かうインド圏の言語を習得するために
ペルシャ湾方面の冒険依頼ということで
ペルシャ湾の調査依頼を受諾し
アデンを経由してマスカットへ
そしてペルシャ湾を調査しました
そこからバスラへ寄り
将来デュランダルに関する調査をするときのために
ペルシャ絨毯を購入^^

ゴアを経由してなんとかカリカットまで到着しました
お父様は銀行から
貸し金庫枠を増やしてもらうことができたようです
おめでとうございます^^

カリカットでアイアイに関する調査依頼を受諾し
セイロン経由でモザンビークに向かう予定でしたが
セイロンは宝石暴騰中でしたので
カリカットへ戻って仕入れ発注書を何枚か使って
宝石を少し買い込みました^^;;

アイアイの調査も無事に終了し
お父様は冒険が1段階上がったようです
目標の段階よりも1つ高くなりましたね^^;;
まぁ低いよりはずっといいので^^;;

ケープが封鎖されていないことを確認してから
立ち寄って調査結果を報告し
仕入れ発注所カテゴリー2がもらえる交易依頼を受諾して
あとは一気にリスボンを目指しました^^

途中危ない場面はあったものの
お父様を無事に欧州までお連れできてよかったです^^
酒場で報告したあとは
この後交易職に戻られるお父様を祝福して
カテゴリー2を100枚贈りました^^
鋳造頑張ってくださいね^^

購入してきた交易品を処分するために
北海へ向かいお父様とはプリマスでお別れ
私達はプリマスで交易品を処分し
アビジャンを目指しました
そう今日は大海戦最終日
1日くらいは支援に参加しなくてはっ(`゚ω゚´)
私掠航海者の影にびくびくしつつ
アビジャンに到着し
さっそく支援バザーを開始!
ずらりと並ぶイスパニアの支援バザーの列に並べることを
誇りに感じました^^

それにしても…
なんて長い1日なのでしょうねw
我ながらよくここまで航海したものだと思います^^;;;

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2006/08/03 00:42 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<寝坊した朝は… | ホーム | お父様最後の冒険旅行>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/324-433db2e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。