スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
大海原の彼方には
さて
ジェノヴァで感動?の再会を果たした私と黒耀
酒場に移動し今日の旅程を相談しました
先々のことを考えすぎると言われていた私ですが
今回ばかりは黒耀も否定しないようです^^
.




紅夜さんから譲り受けた商用大型ガレオンの
広すぎると思われた船倉も
2隻分の船部品の材料を積み込むには
十分とは言えません^^;
途中で上手に加工しながら移動しないと
水や食料を積めなくなっちゃいますね

黒耀の船倉には
ベルベットやマスケット銃が山積みですので
それも処分しなくちゃいけないですし^^;
更に私がロンドンで受けてきた
ゲイボルグから続く
「アイルランドの太陽神」
についての調査もやらないといけませんし^^;

やることが2つも3つも重なっていますが…
忙しいほど…気はまぎれるものです

 * *
時間の経過
 * *

えぇーっと
ゲイボルグからの続きでブリューナグへとつながる調査も
第2段階まで進めてみたりして…
計画はあくまで計画でして^^;
ヴェラクルスへ行くために
カリブ行きのクエを引こうと思ったら
アマゾン川の三角州調査を引いちゃったりして^^;

20070108012848.jpg


もうどうしてこう…
誘惑に負けちゃうんでしょうね^^;
思いっきり遠回りしちゃったりしましたが
なんとか自作できる部品は
すべてそろえることができそうです

途中で欲を出して購入した宝石を売りさばいたりして

20070108012928.jpg


私の交易段階も上がりました^^

ヴェラクルスに到着したのはもう夜更け
外には経験稼ぎをしながら
獲物を待ってる私掠海賊の姿が見えます
残念ながら今日はこのまま
ヴェラクルスで寝るしかないですね

そうそう
その前に

造船を協力してくださるお友達のTさんに
連絡しないと^^

Tさんはインドで造船修行中でしたが
明日欧州に戻ってきてくださるとのこと^^
ありがたいことです^^

翌朝早くヴェラクルスを出た私達は
欧州へと戻りTさんとの合流準備です
欧州横断の大移動をしますから
ロンドン発の壮大な冒険依頼を引き当てないとね^^

うーん
Tさんには不要の発掘物ですけど…
ま…いっか

Tさんにカレーとオポルトで部品を作っていただきつつ
ズンズン移動^^

20070108013007.jpg


こんなのを発見しちゃいました^^
ヒッタイト法典に関する調査を受けてベイルートへ^^
これで最後の部品も完成です^^

東地中海から欧州へ戻るついでに
もう一つ冒険依頼を受けまして…

20070108013034.jpg


Tさんは自力では
冒険名声を得る機会がないとのことですので
ちょっと張り切っちゃいました^^

セビリアまでご一緒して
私はここで造船
Tさんは母国本拠地へと向かわれました

造船16段階のTさんも
コルヴェットを造ってくださるというのです^^
私は増減なしのコルヴェットを
Tさんには16%増量して
造っていただくことにしました
増量すれば旋回は落ちますが
それでも13という数値は
減量フリゲート以上の素晴らしいものですから^^
普段の海事には十分すぎますものね^^

そして造船所親方に頼み込むこと3回
やっと作戦用コルヴェットができました

Tさんについていった黒耀も
ほぼ同時に受け取っていました
効率よく材料を集めて
なるべくTさんには
負担をおかけしないように…と思ったのですが
結局ほぼ半日Tさんを
拘束してしまうことになってしまいました
本当にありがとうございました^^

 * *

コルヴェットは夕日の下で赤銅に輝いていました
進水式を終えたばかりの船
その真っ白な帆を見て
黒耀は夢の世界で
自分が乗っていた帆柄を思い出していました
青い…漣のような柄…
黒耀は自分の力ではその帆塗料を
得ることはできないということは知っていました
いえ…
今の自分では乗ることもできないのですから
たとえ塗料があっても
帆を染めてあげることができないのです…

黒耀が…
この世界でコルヴェットに乗れるように
なる日は来るのでしょうか…
私が黒耀の前でコルヴェットを乗り回したら…

黒耀は封じたはずの夢を
再び見てしまうかもしれないですね^^;

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2007/01/08 01:31 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<愚者の楽園・賢者の石 | ホーム | 作戦用コルヴェットの造り方(調達・組み立て編)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/408-f76dcdfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。