スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
心の舵
シャルファです

北アフリカ商船隊の皆さんと
砲術関係の技能訓練を重ねること数日
(書き出しが一緒とか…言わないで^^;ソレシカシテナイノ)

ちょっと息抜きにリスボンまで出かけてきました



.





豹さんに移動用のメインフルリグドセイル(×3)と大スパンガー(×2)を
プレゼントするためだったりしますが^^;

1年以上かけて貯めたお金がありますので
このくらいの出費は別にどうということはないのですが…
甘やかしすぎかな?とか思ったりも^^;;

 * *

そのままリスボンに居座ること数日
セビリアに移動して再び碇を下ろすこと数日

ただ砂浜に打ち寄せる波を見つめていた
「友」と言葉を重ねた

それほど…交流があったわけではない「友」
でも
思い出の一つ一つが心の中で輝きを放っている「友」

私の中の「友」は
黒い羽根つきソンブレロがトレードマークだ
それにコルセアコートを合わせていたり
ジュート製バーヌースを合わせていたり

でも何より印象に残っているのは「友」の視線

刃物のような鋭い視線が私の弱さを突き刺すようで
「友」の前では何かにひたむきである自分でいたかった


商人
軍人
冒険者…

様々な職を渡り歩き
このまま冒険者として生涯を送るだろうなと
漠然と思っていた

でも気が付けば黒耀の導きで出会った豹さんと共に
海事をしている

強くなりたい…
ううん
違う

艦隊の仲間が己の力を発揮できるように
支えになれる力が欲しい

これは…半端な思いではない…と思う

私はやっと「友」に
教えを請える思いを抱くことができたような気がした

 * *

でも…

少し遅かったかもしれません
「友」はまもなく眠りについてしまうのだそうです
「友」の航海日誌には
私が請いたかった教えの本当に基本の部分が書かれていました

何度も読み返し
気が付けば「友」の航海日誌を数滴の雫で汚していた

もっともっと
たくさん…教わりたかった

いつか…
「友」が戻ってきてくださったときに
航海日誌のその先を…教えていただけるように
自分を磨いておくこと…
私にはそれしかできない…

今も胸に輝く「友」との思い出

いつか「友」の心の舵が再び沖を差すときを願って
これが「友」の束の間の眠りであることを願って

私はセビリアの浜辺で海を眺めていた

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2007/01/27 00:44 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<Heartを射抜かれた | ホーム | 名工迷走協奏曲>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/417-bfdef51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。