スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
友の英断
いつも笑顔で造船を引き受けている仲間がいる
彼は毎週船大工と海事職を行き来していた
私もそのお世話になった

都合のいい時でいいですから
誰かの造船のついででいいですから

そうお願いしていたつもりだったけど
頼むとすぐに船を作ってくれた

彼のところには引っ切り無しに
造船依頼が舞い込んでいるのだろうと思った
.






彼は造船を生業としているわけではなかった
彼にはやりたいことが他にもあった
口には出さないけれど
彼が造船依頼をこなすとすぐに転職している様子をみて
そう思った

申し訳ないな…と思ったけれど
何もできない自分が歯がゆかった
そして彼に無理をかけた一人が自分だと思うと申し訳なかった

そして彼はしばらくは海事に専念するようなことを
日誌で告知した
それを読んで私はほっとした

「今まで本当にお疲れ様でした
 しばらくは好きなことだけをして過ごしてください」
心の中でそっとつぶやいてみる

でも
これからのことがあるから高度な技能を持つ職人さんへの依頼は
頼む方が意識しないとイケナイな…と反省(><

せめて商会の中だけでも取りまとめて
月に1度か二ヶ月に1度だけお願いするとか
造船だけではなくて
色々なものを作ってもらうときには気をつけていけたらな…
と思うのでありました
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2007/07/28 17:50 | 胡蝶 | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
<<眼前に広がる冥き海を眺めて思う | ホーム | 悩むところ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集]2007/07/30 01:18
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/462-bad7c124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。