スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
今頃だけど
やっとギックリ腰が治りました^^;
背骨に注射してもらうのも慣れました
…と言いたいところですが
何度やっても怖いものです
今度は失敗するかも…という恐怖が拭えないのです^^;

いつもの注射だと
お尻の割れ目に沿って消毒され
エタノールの気化熱で冷えるにつれ
来るぞ来るぞという恐怖が高まり
お医者さんが骨の境目を探すために
一番くすぐったいあたりをグリグリと指で探ると
鳥肌と共に恐怖がクライマックス
ゴリゴリゴリ…
という音が聞こえそうな無理やりな感じで
重苦しい痛みと共にナニかが進入してくるわけで
それと同時に骨盤を押さえつけられるような重力を感じ
イキモノとしての防衛本能で
背筋に力が入りそうになるわけですが
そうするとギックリしている腰に激痛が走る&動くとまずいんじゃ?という恐怖に駆られ
ぐっとこらえて力を抜くわけですが
あまり力を抜きすぎるとビクンと反射的に動いてしまいそうになるので
適度に力むという相反する筋肉動作の葛藤にもまれるわけです
そうこうしているうちに麻酔が回ってきて
ほへーーーっと脱力
痛みは薄れるわけですが感覚がまるっきりなくなるわけではないので
骨の隙間からズズズーっと針が抜かれるのはきっちり知覚
これが吐きそうに気持ち悪い
後は麻酔が切れるまで約2時間
頭を下げないようにベッドを傾けてお休みタイム…なわけです
.



今回もそういう展開を覚悟していたわけですが
麻酔薬が注入されると同時にやってくる骨盤への重力が
なんと下肢全体に広がったのです
しかも
針がささってるところの感覚はビビットなわけで
今までと違う!
はっきり違う!

イタタタタタタ
助けてー(><

ズリズリズリ
っと軟骨を擦りつつ針が抜けていく痛みまでしっかり感じたわけで
激しい動悸と全身いやぁぁな冷たい汗まみれ
とりあえず寝返りをうって仰向けになり
2時間の休憩タイムに突入

足に感じた重さはしびれとなり
いつまでもいつまでも取れない
そうこうしているうちに麻酔が醒める時の悪寒がやってきて
ふるえていたら看護婦さんが毛布を1枚追加してくれました
幾度か眠りにつき
気がつくとすでに3時間経過
麻酔も完全に醒めてふるえも止まっています
なのに
まだ足には押さえつけるような重さとしびれが残っていました

…本格的に……まずいんじゃない?
このまま足がもとに戻らないんじゃないかという恐怖と
毛布倍かけのためか
引いたはずの汗が吹き出てきます

もぞもぞとしびれる足を動かし
毛布から足を出すとふきでた汗も止まり

…しびれも消えていきました

????

も…もしかして毛布が重くて足が普通にしびれていただけ?w
そう思ったら気持ちが軽くなりました

一応大事をとって更に30分ほど休憩し
整形外科をあとにしたのでした

お医者さん曰く
今までの麻酔の効き方がラッキーだっただけで
足がしびれることもヨクあるんだよ
とのこと

…そういうことは最初に言ってください(;;

まぁそんな恐怖体験をすませ
寝たりおきたり仕事したり…の生活を繰り返して
とりあえず今は完治した感じです^^
グダグダ寝ている間に
「ハンニバルライジング」と「ゴーストライダー」みちゃいましたw
視聴後の感想はまた後日^^
ではでは
スポンサーサイト
2007/12/29 03:15 | 雑記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<皆様良いお年を^^ | ホーム | 音楽ってイイね^^>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/487-43a8f205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。