スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
それでも憎めない
僧服の眼鏡君ともここで別れて私はロンドンへ
預けていた砲台を受け取って「ヤコブの石」の調査依頼を受け
アムステルダムによってカミツレを購入して再び地中海へ

カミツレを購入したのは…
工芸技能がもう少しで段階が上がります
そうしたら名医の秘薬が作れるようになるのです
剣術修行で陸戦するときとか便利かなーと思い
作ってみる気になったわけですね

まぁあと1500ほど熟練を積まなくてはいけないのですが

ナント ボルドー オポルト マディラと工芸のため寄り道
マディラと目と鼻の先にラスパルマスがあります
あそこに行ったら熟練は軽く300ほど積むことができます
しかし今日は大海戦最終日
腕に覚えのあるものはラスパルマスやカーボヴェルデに
集結しているはず
いつにもまして危険な場所…
どうしようかな…



悩んでいるとジュビリーが

大丈夫 あっしらがついていやすぜ
襲われたらいつものように逃げ切ればいいだけでさ

  うーん そうねぇ では行ってみますか




ラスパルマスに向います
ヤシ酒や干しぶどう→ワイン→ブランデーなどを密造して
調子よく熟練を積んでいきます


街に私掠許可証を行使している航海者が現れました
危険です…
彼らは酒場に入り出てきたと思ったらあっという間に姿を消しました

工芸をしていた私は彼らから遅れること数分
出港準備を整え終わりました

彼らはどこに行ったのかしら
ちょっと洋上に出て調べてみよう

そう思ったのが間違いでした
洋上に出ると急に世界が重く感じられました



シャル 船 長 … か 体が う ごか ね ぇ

  ジュ ビ リー 港 に  も ど ら  ない  と…

だ め で   さ  ふり  むく  こ と も できね ぇ

  ジュ ビリ ー 船が 動 いて い な  い   ?

まず い で  っ せ

なかのひと
私のパソコンは時々メモリ過負荷でコマ送りになるのです(TωT




う わぁ  ー シャ ル船  長 しか けられ や したっ




  ジュ ビ リー!! ジュ ビリ ー ーー ー!!!



20051123134428.jpg





  みん な どこ に 行っ たの? み ん な? 



  ジ ュ ビリ  ーーー ーーーーッ!


20051123134527.jpg


もはや私にはどうすることもできませんでした
一瞬が永遠のように長く感じられるこの状態では
沈没しても浮き輪を投げることすらできず
いったん航海をやりなおすしかありませんでした

街でみかけた彼らのアピールコメントの中で
「粘着はしない」
と書いてありました
ならば続けて2度の襲撃はないと信じて
航海しなおすことに

ようやく戻ってきたラスパルマス洋上で
浮き輪を投げ入れます



誰か…誰か生きてて…お願い…



水面から浮かび上がってきたのはジュビリーでした

  ジュビリー貴方無事だったの?

へへ 面目ねぇ… 船長のことは任せろっていったのに

  そんなことどうでもいいから…
  生きているのは貴方だけなの?

!!!船長 右舷にっ!

さっきの私掠許可証を行使している航海者の姿がそこにありました



  粘着しないでっ!

思わず叫びました


向こうの艦隊の一人の叫び声が聞こえました

するーしてあげてっ

彼らなりのポリシーなのでしょう
同じ獲物は続けて2度襲わないというのは…


20051123134835.jpg



しかし
こちらは船員が傷だらけのジュビリーしかいない状態でした
ジュビリーは必死で私の前に立ちはだかりましたが
あっさりと海に突き落とされ私は再び敗北したのでした




さっきは「ごち」とか言って去っていった彼ら
今度は無言で引いていきます
彼らなりに気まずい思いをしているのでしょうか…



何よ
何よ何よ何よ
何が「粘着しない」よ


どうせ貴方達なんて襲った相手も覚えていないくせに
私の名前なんてみてないくせに
きっと私の船から強奪した現金や
あなた方にとっては価値のないカミツレや
剣術技能を1段階補助してくれる護符なんかを見て

こんなしょぼいもん持っていやがるぜ

とか言ってげらげら笑っているに違いない


洋上に浮き輪を投げ入れる


震える手で彼らの情報を探ると
海事が軒並み50段階を越えている5人艦隊
なんでそんなに優れたものをもっているのに
こんな非力な私のような者を何度も狙うのかしら


ジュビリーが再び浮き輪につかまって船に這い上がってきました
さっきよりもまた深い傷を負って…

  ごめんねジュビリー 何度も痛い思いをさせて…

へへ 死にはしねぇ 頑丈さだけが取り得でやすから

  みんなは… 死んじゃったの?

すみやせん とっさの判断で
ラスパルマスに向かって泳ぐよう指示しやした
生きていればまた向こうで落ち合えると思いやして…

  ありがとう ジュビリー
  みんなを探しに行きましょうか…

そうですな 連中 積荷が目当てで砲撃はしてこなかったから
帆も舵も無傷でやすからすぐに動けますぜ

  ああ いいから 私がやるから 貴方休んでて

へへ そんな姿やつらに見られたら何言われるか
わかりやせんからな そういうわけにはいかねぇ

  みんなに…会えると   いいね

そうでやすな…

ラスパルマスの港でジュビリー以外の14人の古株さんたちと
パートの3人に再会することができました
残りのパートさんは大怪我を負ってしまいしばらく航海に出れないとのこと

  全員 とりあえずは生きているのね… よかった…

ジュビリー以外の14人も多かれ少なかれ傷を負っています
満足に作業できない状態の者も多く
かつてあれほどの熟練を誇った彼らも
新人船員並みに動きが鈍くなっています
そしておろかな判断ミスをした私への不信感も高まったようです

  いいの 生きてさえいてくれれば
  いつか信頼は回復できるから…
  みんなの信頼を寄せてもらえるように頑張るから…

のろのろとしたサムブらじぇんどらの動き
あんなに軽快に海原を駆け回った貴方の姿はそこにはなかった
ごめんね らじぇんどら…
船体は耐久度が1つも落ちていなかった
襲撃前と何1つ変わらないのに
貴方の性能を生かせるだけの力が今の私にはない…
ごめんね ごめんね…


泣きそうな気持ちをこらえる
震える腕を押さえつける

負けるもんか
卑劣な彼らに負けるもんか
彼らの行為は私には数と力で弱いものを踏みにじる
誇りのかけらもないものに感じられた…


ああ どうせなら もっと誇りある人に沈められたかったな…



満身創痍の18人の船員達と危険海域を脱出
マディラでセビリアまでの短期契約を幾人かの船員と交わし
しばらく休養を取る


呪詛の言葉ならいくらでも出そうな気がした
でも出てこなかった
湧き上がってくるのは彼らを哀れむ気持ちだけだった
せっかくそんなにお強いのに
なぜその力を弱者の蹂躪などのために行使するの?
もっと素敵な生き方があるのに…
もっともっと人々から尊敬と愛情を向けられる生き方があるのに…



深呼吸する

意を決して彼らの中の一人に話しかける

最初の言葉は少し棘が出てしまった

20051123135600.jpg


でも聞きたかった
ここで「面白いね」と答えるような相手なら
会話は続けられないと思ったから…

20051123135651.jpg


意外にもすぐに返事はきました
こうして話している分には…普通の人のよう…

私は精一杯心を込めて語りかけた
余計なお世話かもしれないけど
彼らに誇りを持ってもらいたかった



20051123135721.jpg


彼から短く「はい」と返事があった


再び深呼吸
マディラからセビリアに向かう洋上で私は彼と話続けた

震えはまだ止まらなかった
でも平静を装い話を続けた

「みんな またラスパ沖に戻ってきたから気をつけて」

彼から警告
話してみるといい人って思っちゃう



彼らも生きている人間であるかぎり
その心には必ず良心や愛があるはず
こんな風に
自らの獲物たる存在の私に警告をしてくれるのだもの

お願いです
貴方の中の守りたい誰かのために
忘れてしまった誇りを思い出して…

心の中でそっと祈りました

PKさんにはBlogのネタにすると断りました
「あまり悪く書かないでね」という反応でしたので
許可されたものとし名前を出しています。
不都合がある場合には連絡をいただければ
すぐに名前を消した画像に差し替えます
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2005/11/23 14:22 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<こぼせない涙 | ホーム | 記念日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/57-95a8f581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。