スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
才能を愛でる
自分にはないものを持つ人を見た場合
嫉妬するか
羨望するか
それとも賞賛するか

最初に沸いた感情次第で不幸にも幸福にもなると思うのですけど
私の場合は賞賛することが多いようで
ただひたすらに

素晴らしい

と思い
その才能に触れている瞬間は何よりも幸福な時間なわけです

そんな時間を昨日持つことができました
.


日曜9時から放映されている「JIN」というドラマの中に出てきた
澤村田之助という実在した歌舞伎役者を演じている吉沢悠さんの
悪徳医師を目の前にして啖呵を切るシーンになんとも惚れ惚れ

澤村田之助さんは稀代の女形だったそうで
そのような人物を演じるのは大変なことだろうなぁと思うわけですが
吉沢さんは一見すると線の細さや色気に優男にも見えるけど
キリリと共演者さんをにらみつける目の力強さは
見事に当時の歌舞伎役者の表も裏も体現しているなぁと思いました

JINというドラマも実は先々週偶然見てなんとなく2週続けてみた程度の私
…にも関わらず澤村田之助って誰?と気になってしまい
公式HPにも紹介されていないのでネットで検索しまくって探そうと思うくらい
印象に残ったわけです

歴史上の澤村田之助は白粉の鉛中毒で四肢切断しながらも女形として舞台に立ち
舞台から降りた後も芝居に関わり続け…
しかし病の悪化から精神に変調をきたし33才で夭逝したという壮絶な運命を辿ります

JINというドラマの中で澤村田之助がどこまで描かれるかわかりませんが
吉沢さん演じる澤村田之助…これからも注目です^^/
スポンサーサイト
2009/11/30 22:37 | 雑記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<物欲を捨てられたら | ホーム | 秘密>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/601-e8eecfc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。