スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
BEAST
VAMPSの2ndアルバム「BEAST」をフラゲしてまいりました
予約すると1日早く購入できるのが嬉しいねっ

YouTubeやニコラジやライヴで新譜はある程度聴いていましたが
アルバム収録順に聴くのとはまた違いますよね

さてさてどんな気分にしてくれるのでしょうか
初聴感想は↓です


PS REVOLUTIONのPVはかぬへるさんのBlogっぽい気がしませんか?w

.


PLUG IN
30秒ほどの短い曲
前作でもViteという短い曲から始まりましたね
前作は古城の中でVAMPIREが女性を襲撃する…という様子を
想像させるものでしたが
今回はちょっと古めかしい近未来的な駆動音といいますか
んー
なんだろ
サバトの入り口を開く音??

DEVIL SIDE
前曲から間髪入れずに始まりいよいよサバトの始まり
今年1つめのシングル曲ですので
既に聴きなれた感もある曲ですがやっぱりいいですね
PLUG IN→DEVIL SIDEの流れは仙台初日の演出でしたね
舞台上手のセットが明滅して
ナニカが開かれる もしくは どこかに連れて行かれる的演出でした
私としては2日目のポールダンスの女性シルエットから始まる演出の方が好きだったかなw

ANGEL TRIP
疾走感のある曲ですね
PLUG~ここまでの流れはドライヴに最高な感じですね
新車が来るまでまだ2ヶ月ありますが
今からこのアルバムを聴きながらドライヴするのが楽しみです
スピード違反しないようにするのが苦しいかもしれないですケドw

MEMORIES
これもまた疾走感のある曲ですね
でも切ない旋律と歌詞
HydeさんにとってVAMPSはMEMORIESになってしまうのでしょうか
「何処までも一緒だと信じてた」
この歌詞を今年限りのユニットで歌うのは未来を予感させて哀しすぎる
できればこの先も続けてほしいなぁ(;;

EUPHORIA
不安を感じさせるメロディライン
混沌への誘いと感じさせるというか
どこかへ引きずりこまれそうな
思考を停止させられるような
そして唐突に切れ次の曲が始まる

VAMPS ADDICTION
EUPHORIAからの流れで聴けば
これは堕ちた者を引っ掛けてそのまま闇の中を高速で引き回すような感じの曲

REVOLUTION
ばーんぐ おーん すとーんぷ えびばでー
行進を促すようなリズム
地に引き込まれ闇の眷族となった者達を率いて
玉座に向かい突き進んでいくかのように
行進は乱舞へと変化し混沌が広がっていく感じです

THE PAST
UK的な?メロディアスなロックナンバー
なんか…泣きそうな気分になってしまいます
寂しさを書き立てるギターのせいでしょうか

PIANO DUET
エバグリ的なアコースティック感のある曲
歌詞は死んでしまった大切な人へ向けられているような
後半からの盛り上がりは失ったものの大きさ
その喪失感を思わせて激しさがより切なさを増します

RUMBLE
再びBEASTモード突入
といった感じのする曲
引きずりこまれた立場から自らが引きずり込む立場に回ったようなw

GET UP
朝を迎えたような爽やかさ
堕ちたことも闇の行進も全ては夢だった…?
Hydeさんのファルセットが全てを浄化していくような
朝日が昇るのを見ながら東に向かって車を走らせたい感じ

SAMSARA→MY FIRST LAST
どこかの民族音楽を思わせるような旋律
波に揺られてゆったりと流されるような
ライヴで聴いたときには恍惚としてきて体が勝手に揺れ
自分の体が音の波に分解されて拡散していくような感覚に包まれました

というわけで
アルバムを通して聴くと
BEASTな世界へと引き込まれながらも
最後は人間に戻って更に高みに引っ張ってくれるような構成だと思いました
悪(VAMPIRE)を名乗りながらも
Hydeさんは翼と茨を体に刻む天の使いなのですね^^
スポンサーサイト
2010/07/27 22:42 | 雑記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<お見送り | ホーム | 衝動買い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/631-606a81b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。