スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
明日へ帰ろう
今日であの震災から半年
近所の神社では秋祭りが行われていました
小さな小さな神社
でも最も老いた神木はビルの4階よりも高いことから
随分古くから祭られていた神様が鎮座されているのでしょう
はるか昔は集落の外れで村人を守っていたであろう神社も
国道沿いの開発で敷地を削られてしまって随分と寂しげです

でも
隣接する飲食店の駐車場にはテキ屋さんの屋台が並び
夕闇の中で灯篭の明かりに浮かぶ鳥居の回りで小学生が意味もなく走り回っている
塾や習い事で夜に出歩きなれているであろう中学生も
高揚した顔で友達とおそろいで買ったリンゴ飴をかじっている

日本の原風景がそこにあるような気がしました
震災で全てが流されてしまった被災地でも
こんな風景が繰り広げられているのでしょうか

だとしたらいいな

徳永英明さんが歌っている「明日へ帰ろう」
本来くるはずだった「明日」
永遠に来ない「明日」
それでもいつかそんな「明日」が迎えられることを祈って作られた曲だそうです

今日少しだけそんな「明日」を感じられた気がします
はるか過去から続く秋祭りという特別な明日が今日もそこにあったのですから
ちょっとだけ被災した私はもうすっかり「明日」を取り戻していますが
全ての被災者の方にいつもの「明日」が戻ってくることを祈っています
スポンサーサイト
2011/09/11 22:18 | 雑記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<君を見守り続けるよ | ホーム | 癒しの声>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/649-495508f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。