スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
ちょっと一休みw
日誌に書くことはたくさんあるのですが
航海に精を出しすぎて日誌にする時間が…w;;
ということであちこちでみかける
ムービーバトンなどに挑戦w

これ書く方が時間かかるだろうという突っ込みは無しな感じでw


 * *

私の場合映画というより特定の俳優が気に入ると
過去に遡って作品をまとめてみちゃう方なので
その時その時によって「●●な映画」に当てはまる作品が
変わってしまう傾向が強かったりします

ここ数年はブラッド・ピット、ジョニー・デップで固定されてるかな
子どもの頃から変わらず好きなのはルトガーハウアー

そんな私の映画観は…
こんな感じ
 ↓

◆ 過去一番笑った映画は?

「snatch」
ガイ・リッチー監督のクライム・ムービー
笑えるし高揚感スピード感がたまらない
犬がいい
なまりまくりなブラピがいいw

◆ 過去一番泣いた作品は?

基本的に泣く(泣ける)映画は観ません
お金払って悲しい思いや辛い思いをするのは嫌だからw

感動して泣くのは日常茶飯事…^^;;

でも映画だとあまり泣けないんですよね
「さぁ、感動しろ、ここがツボだ」
と言われるようで醒めてしまうのです
素直じゃないですねw
だから映画で泣くときは
油断していて物語を素直に受け止めてしまったとき
…でしょうかw
前置きが長くなりましたw
私が映画館でこらえきれずに号泣してしまった映画はっ

「Meet Joe Black」

^^;;;;
映画の紹介では
ブラッド・ピット演じる死神とヒロインの恋愛モノ
というウリみたいですが
私には
飽くほどの長い時を無駄に生きる死神と
有限の時を豊かに生きるヒロイン父の物語にしか見えませんw

ヒロイン父のように生きたい(逝きたい)

snatchのブラピとは全然違うブラピもまたいいんだな^^

◆ 心の中の5つの映画は?

「Pirates of the Caribbean」
某アトラクション「カリブの海賊」を題材にした映画
JonnyDepp最高^^
彼の一挙手一投足に釘付けな感じで
とりあえず海賊目指すなら見てほしげ
最後にBlaclPearl号の舵を撫でる恍惚とした表情に
船を思うJack船長の全てがある気がする
気楽になりたいとき何度も観返してる映画

「LadyHawk」
中世ヨーロッパを舞台に愛し合う騎士と姫
横恋慕した司祭により呪われ
日中鷹の姿になる姫と夜狼に姿を変える騎士
二人が出会えるのは日没と夜明けの一瞬だけ…
獣身の時には人としての記憶もないのに
お互いを守りあう姿が切ない…
今ではすっかりおじーちゃんだけど
黒装束の騎士ナヴァールのRutgerHauerかっこよすぎ^^
美しい欧州の景色を堪能しながら
剣と浪漫にマッタリ浸りたいときに観返してる作品

「SleepyHollow」
首無し騎士怖カッコいいw
人を呪うのは人
人を守ろうとするのも人
人を愛すること・呪うことは表裏一体なのかもしれない
人は愚かで言葉にしなければ通じない
人は愚かで言葉にしても疑ってしまう
愛するってなんだろうね
欲望ってなんだろうね
想いは思うように通じない
でも諦めなければ通じることもあるんだよね^^
怖いけど何度も観返してる作品

「BladeRunner」
命の期限があるというのは残酷かもしれない
でも誰にだって期限はある
知る術がないだけで
死の期日を知らないので漫然と生きている?
では死の期日を知ったら充実するのか?
私は知りたくない
知った時からただ「その日」までの
残りの期日を数えるだけの人生になりそうだから
死はレプリカントにも人にも平等に訪れる
それまでの間どう生きるか…じゃないのかな
生きることを悩んだとき観返してる作品

「A Knight's Tale(邦題ロック・ユー!)」
14世紀の話
馬上槍試合に参加する騎士の従者として随行していたウィリアム
しかし騎士は旅の道中で死んでしまう。騎士の名をかたり試合に
出場し次々と勝っていくウィリアム。
しかし身分を偽り貴族になりすますのは死に値する罪。
ウィリアムの運命は…

男くさい
画面から汗の臭いが漂ってきそうなほど
自らの力に自信を持ち野心あふれる男
でも誇りもまた忘れていない
生きることを怠けないでいたい
勇気が湧く作品^^

◆ 今観たい映画

今冬公開予定作品

「MASAI」

アフリカサバンナのマサイ族の戦士のお話
人として大切な何かを思い出せそうな作品

 * *
公開済み(終了)だけどいつか観たい映画

「皇帝ペンギン」
だっけ?^^;;;
夏に公開してたペンギン映画
純粋な生命の営みに触れたい

 * *
一度は観ているけどまた観たい映画

「Fright Night」
一時期吸血鬼モノにハマってアレコレみたのですが
一番色気を感じた吸血鬼かなw
ヒロインを魅了する表情が切なすぎw
口説きSkillMax+魅惑の香みたいな威力

最後化けすぎだけど^^;;;;
せいぜい牙生える程度で留めてほしかったな
主人公の少年とヒロインが好みじゃないので
吸血鬼に感情移入しまくれるw


こんな感じ。
スポンサーサイト
2005/12/04 20:22 | 雑記 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<羽を休める場所 | ホーム | 旅のしめくくり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/76-6bbdf2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。