スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
緋は血の色
バルタザールさんとアルバ公の間で
駆け引きが続きます

なんとか講和条約を結ばせないために
条約を結ぶなら傭兵としての契約は無効であると詰め寄る
バルタザールさんに対して
傭兵契約の内容をしっかりと把握しているアルバ公は
少しの痛痒も感じない様子で


20051211075003.jpg


逆に契約違反でバルタザールさんを捕らえると
脅してきました
冷徹な目でその様子を見つめるハイレディン

20051211075219.jpg


  バ バル タ  ザー ル   さ    ん?
  彼 は  イスパ ニア  の
  貴方が  守るべき イスパニアの  国民 で す  よ
  な  ぜ   撃った   の です  か?

目の前の惨劇に口の中が乾き
まともに思考することもできなくなってしまいました






ゆっくりと思考が戻ってきます



邪魔な者は力で排除するのなら…
ハイレディン… と変わらないじゃないですか…
たとえ 行動の理由が私怨にあろうとも
傭兵としてイスパニアを守るということだけは
変わらないと信じていたのに…

バルタザールさんはその銃口を
今度はハイレディンに向けました


  バルタザールさん やめてっ!

思わず駆け寄ってしまいました

バルタザールさんの思いがけない行動に動揺するアルバ公と

20051211080544.jpg


不敵な笑みを浮かべるハイレディン

20051211075919.jpg


ハイレディンの口から自分の名前が出たことの驚き
名を呼ばれたときの心臓をつかむような痛み
私を押しのけ
尚も銃口をハイレディンに向けていた
バルタザールさんの苦渋に満ちた顔
足元のイスパニア兵士の亡骸


いっそこのまま倒れてしまいたいと思うほどの動揺

でもアゴスティノさんの代わりに来ているのだから…
ここで倒れてしまうわけにはいかない…
と自分を奮い立たせました

.




20051211080725.jpg



バルタザールさんは苦渋の表情で銃を下ろし
官庁を後にしました

とりあえず…
これ以上の惨劇は…食い止めることができたのかしら…



一人取り残される私…
アルバ公から退出するよう冷たく言い渡されました



ドアまでのわずかな距離
そこには
ハイレディンが立っています

顔を見ないように通り過ぎようと思いました
でも…
ハイレディンの目の前で足が止まってしまいました
自らに自信を持つ男の余裕の笑みが
不思議と穏やかな顔に見えました


20051211080918.jpg



体の芯の震えが一層強くなりました
混乱の極みの中で
震えの正体が恐怖ではないことを私は自覚していました

20051211081048.jpg


もはや一歩も動けず膝の力が抜けました…
それはハイレディンの前で跪く格好になってしまいました

つい数瞬前に起きた
バルタザールさんによる同胞殺しの衝撃と
ハイレディンの放つ強烈なオーラに
自分自身をどうにもできなくなっていました

早く 早く立ち上がらなければ…
嵐の中のバルシャのように無力な自分の足を叱咤し
やっとの思いで立ち上がりました

ハイレディンの服から遠い異国の香の香りが漂ってきます
彼が手に入れられないものは何も無いのでしょう


20051211081340.jpg


ふらつく私を支えようとしたのか
それとも暗殺を警戒したのか
ハイレディンの両手が私に向けられました
まるで抱擁するかのように…

ハイレディンの傷だらけの胸が視界一杯に広がりました

どんなに王侯然としていても彼は海賊の親玉なのだ
イスパニアと講和を結ぼうとも
国を離れ ただ一人の人間として生きる私には敵なのだ

我に返りました

20051211081530.jpg


ハイレディンの手が私に触れる前に
私はハイレディンの横を通り抜け
部屋を出ました



官庁の外に出ると
街中に大砲の音が響き渡りました
アルバ公とハイレディンも出てきました
あわてるアルバ公にハイレディンは
空砲だから心配するなと侮蔑するように告げました

きっとバルタザールさんの行き場のない怒りの爆発なのでしょう…

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

2005/12/11 08:22 | 航海日誌 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<不信畏怖そして… | ホーム | 紅髪の威風>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sharufa.blog33.fc2.com/tb.php/89-5ffcf604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。